葬儀の服装にはブラックフォーマルが一着あると便利です

葬儀にはどのような服装で行けばいいのか

皆さんは、冠婚葬祭においてふさわしい振る舞いをする自信がありますか。
冠婚葬祭の場では、個人との付き合いのみではなくその親族をも巻き込んだ付き合いになります。
従って、相応のマナーが必要となるのです。
特に葬儀の場は、故人を見送る最後のセレモニーとなります。
ですので、細心の注意を払わねばなりません。
いざと言う時に恥をかかないためのマナーについてお話することにしましょう。

急な不幸のために喪服は常に準備しておきましょう

今回は、葬儀に参列する時の服装について解説していきたいと思います。
なぜなら、服装は故人への敬意を表するとともに、遺族への無念の感情を表すからです。
葬儀においては、「急いで駆け付けた」ことを表すとして平服で参列してもマナー違反には当たらないとされています。
しかし、やはりスエットのようなラフな服装は周囲に不快感を与えてしまいます。
この際の平服とは「普段着でいい」ということではなく、「必ずしも喪服でなくても良い」という意味で捉えておいた方が良いでしょう。
参考:家族葬の「価値ある葬儀」- 費用も低価格で安心のお葬式

参列者の服装はブラックフォーマルが基本です

男性の場合は、黒・灰色・紺などのダークカラーのスーツで伺うようにします。
この時のスーツについては、シングルでもダブルでもどちらでも構いません。
ただし、模様の入っていないシンプルなものが良いでしょう。
中に着るシャツは白いシャツを選び、黒いネクタイを着けます。
葬祭用の黒いネクタイは高いものではありませんので、1本準備をしておくのが良いでしょう。
女性については、黒いスーツ、もしくはアンサンブルなどが良いでしょう。
女性の場合は男性よりも制約が多く、肌を露出することはタブーとされます。
ですので、肩や胸元の露出を避け、足元はストッキングを穿くように心がけましょう。
以前は親族以外が喪服で参列することは「あらかじめ死を予感していた」として良くないとされていましたが、最近ではそれほど厳しくはなくなりました。
ですので、ブラックフォーマルを一着準備しておくと、いざと言う時に慌てずに済むのでおすすめです。