女性もビジネスで愛用するシークレットシューズの履き心地

男性がこっそり履いているシークレットシューズ

特に思春期を迎える男性は身長が気になる方がたくさんいらっしゃいます。
事実現代の女性は年々身長が高くなっている傾向があり、男性はそんな女性の隣に立つことにコンプレックスを持っているのではないでしょうか。
そんな思春期を迎えている男性が良く見る雑誌には、シークレットシューズが普通に売られています。
見た目は普通のスニーカーやブーツとなんら変わりませんが、中身がこっそり上げ底になっており、シークレットシューズを履いてしまうと自然と身長が伸びるというものです。
男性用のシークレットシューズを履いたときは脱ぐような場所には行きづらいですが、外でのデートなどでは自分に自信を持って歩くことが出来るでしょう。
そして、そんなあなたを見た相手の女性も惚れ直すかもしれませんね。

身長144センチの女性が語るヒールとシューズの違い

女性だとシークレットシューズではなく、ヒールを履くのが普通ですが、いちおう女性用のシークレットシューズというものも存在しています。
たとえば友達は身長が144センチしかないのですが、ハイヒールを普段から履いていても、ほかの標準的な身長の女性よりも小さいです。
職場ではハイヒール不可なのでシークレットシューズになっている運動靴を履いています。
シークレットシューズは10センチほどの高さがあるのですが、これでやっとほかの女性と同じくらいなのです。
しかし、周囲の女性にも同じようにかかとの高い靴を履かれてしまうと圧倒的に小さく見えます。

職場でも履いているシークレットシューズ

彼女は背の低い男性の気持ちがよくわかると言っていました。
コンビニに買い物へ行く時くらいは足が痛くなるのでそういうときは開き直ってかかとのないサンダルを履いて行くそうです。
本当はかかとのないサンダルのほうが楽なので、よりそれに近いシークレットシューズを愛用しているそうです。
ヒールと比べて足も痛くならないのでそちらのほうが長時間、履いていても苦痛じゃないので好きだと言っていました。