都心部の子供たちの学習の機会を増やす通信制高校

通信制高校が増えています

現在、日本では通信制高校が増えています。
以前は、全日制の高校に通えない生徒は、定時制高校という選択肢しかありませんでした。
あるいは、高校に進学せずに大検を取得して大学進学を目指したりする場合もありました。
しかし、通信制という学校はほとんど存在していませんでした。
近年になり、全国に通信制高校が設立されました。
特に、東京の通信制高校の増加率が多く、都市部の比較的交通の便の良い場所に多く開校しています。

通信制の授業はほとんどがインターネット経由

通信制の場合、通常は自宅などで学習をします。
そして、決められた期間や日数分、スクーリングとして学校に通います。
これらの学校は、通常の全日制高校に比べて教室数や特別教室、グラウンドなどの設備が少なくて済む分、開校へのハードルが低くなります。
また、日常的に学校に通う必要がないため、例えば不登校の生徒などにも学習の機会が開かれます。

現代の定時制が通信制高校と言えます

日々学校に通うことが難しい生徒にとって、きちんとしたカリキュラムに沿って学習することや、時には学校に行くという通信制の学習スタイルは、魅力的なものとなります。
卒業すれば、通常の全日制高校を卒業した生徒と同様に高卒の学歴を得ることができ、もちろん進学することもできます。
このような通信制高校が広まる前では、高校中退した生徒にとって、就職や進学は非常にハードルが高いものでした。しかし、通信制の高校が認知されるに至り、このような難しさが少なからず緩和されつつあります。
街中で通信制高校を見ると、スクーリングなどで通っている生徒は、一見すれば通常の全日制高校に通っている生徒とそれほど違いはありません。
むしろ、学習への意欲は高いと言うこともできます。何らかの理由があって全日制高校に通えなくても、学習したいという意欲を持っているからです。このような生徒の希望を叶えることも、通信制高校の大きな意義であると言えます。